Tel. 0466-47-7208
電話受付 / 火〜土曜日(10:00〜18:00)
受付時間外は留守電対応
キャリコン豆知識

キャリアコンサルティングとコーチングの違い

2021.09.18

こんにちは。アンファンです。

「キャリアコンサルティングとコーチングは何が違うのか」という疑問を持たれたことはありませんか?皆さんのまわりにもコーチングを勉強した、キャリコンとコーチング、何が違うの?という話題が出たことはありませんか?相談者の問題解決のために支援をする、ということであればどちらも同じです。では、何が違うのか。

コーチングは親・先生・管理職などの立場にある者が、子・生徒・部下などに対し、目標達成へと導くための指導方法であり、コミュニケーション手法です。夢や目標達成のためサポートします。家庭内や会社などの組織で活用するには有効だと思いますし、比較的とりやすい身近な資格だと思います(金額、試験も含め)。

それに比べて「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます(厚生労働省Webサイトより)。相談者(クライエント)が望む働き方や生き方をサポートします。キャリアコンサルタントとは、それを行う専門家であるため、それ相応の知識やスキルも必要とします。国家資格であり、試験合格後登録者のみがキャリアコンサルタントと名乗ることができます。そのため試験も学科と実技を実施します。キャリアコンサルタント養成講座を受講される方は、業務の中で必要としている人、これからそういった業務に関わる人、関わりたい人が多いと思います。また、これからの自分のキャリアを考え、総務人事や管理職などマネジメントが必要な立場になった時、キャリアコンサルティングの知識が必要だと感じ受講される方もいらっしゃいます。

2つの資格の違いを簡単に言うと、「コーチング」は目標達成のための手法で、とくにキャリアに関してだけではない。「キャリアコンサルティング」はキャリアについての専門的な視点からのサポートでありカウンセリング技法も必要とする。どちらも誰かの問題解決のために支援をすることに違いはありませんが、キャリアコンサルタントは専門的な知識とスキルを活かしながら、個別のカウンセリングを通して職業選択や能力開発、キャリア形成のサポート、その人らしい幸せなキャリアを歩むお手伝いをします。もし興味を持たれたら、お気軽に養成講座事務局までお問合せください。

オンライン無料説明会開催中!ご予約はこちら